ウォーキング・デッド シーズン7 15話の感想レビュー

さて、いよいよシーズン7も今回を含めると2エピソードのみとなってしまいました。
来週がシーズン7の最終回だと思うとなんだか切なくなってきてしまいますけど
今回はやっとオーシャンサイドの村へ。

そして救世者のヤツラに案の定、とっ捕まってしまったサシャの行末、さらに前回エピソードのエンディングに登場した影の男の正体、とシーズン8での序章づくり佳境に入ってきた感じでした。

オーシャンサイド – 浜辺の村 –

まずはオーシャンサイド。タラがどのようなタイミングで、
そしてどのような心の葛藤を超えてリックに浜辺の村のことを話すんだろう?
って色々と想像していたんですけど、なんだかあっさりとナレーションだけで済まされてしまった感じでガッカリ。(ここらへんがシーズン7の面白くない理由なのかな?)

必至に武器を探しているのになかなか見つけることが出来ず、
森の中かどっかで苦悩しているタラの様子を気にかけたアーロンとかリックが話を聞き出すとか、
あるいは以前グレンがローリーの妊娠を一人知ってしまったけど、それを黙っていられなくってハーシェルに話をした時のような感じとかなかったのかなぁ~、なんて想像してたのに。

こいう細かいところを今回のシーズン7は、結構すっ飛ばしてくれちゃうもんだからキャラに対する感情移入が中途半端なものになってしまい、結果淡々と進行しまってる感が強くなることで面白みを感じなくなっているのかもしれません。

一応、それぞれのキャラの心情が描かれてはいるんだけど、なんか中途半端な感じなんですよね。
いっそのこと、シーズン7ではヒルトップとキングダムだけにとどめておき、シーズン8でゴミ山の人達と浜辺の村の人達を登場させ、もっと深くそれぞれのつながりといったものを描いてくれたほうがよかったかも。

オーシャンサイドの人達は、なんとなく理解はできますがゴミ山の人達なんて未だにワケワカメって感じの印象だしね。

カール、久しぶりの登場です!

まっ、それはそれとしてオーシャンサイドへ交渉しに行くのに随分と手間をかけておりましたね。
事前にタラから色々な情報を仕入れていたことなんで出来たことでしょうけど、なんだかオーシャンサイドの女性たちが、ちょっとかわいそうに思えてきてしまった。

理由はともあれ、単なる銃の強奪みたいに映らなくもないかな?と。

けど、銃だけを奪ってそのまま立ち去っちゃってよかったの?リック。オーシャンサイドの女性たちも立派な戦士たる人達がいたと思うんですけど、その人達にもっと「一緒に戦おう!」って説得はしなくてよかったの? 戦いって人数だけいてもしょうがないんだから…。

まっ後から、シンディとか他の女性達と話し合って戦いに参加するようになるかとは思うんですけどね。

そういえば、オーシャンサイドの中にいる小生意気な感じの娘は今後、どういうような関わり方をするんでしょうかね?
今回ウォーカーに襲撃されたときにも、いい感じで戦士の素質を覗かせておりましたし、タラとの関わり方もなんだか面白い。

以前、村を立ち去るとき?来たときだったかな?

今回、村を立ち去るとき。

サシャの行末

一方、救世主の連中に案の定、捕まってしまい監禁された状態のサシャですが、今回もサシャのパートは良かったですねぇ~。

ロジータを置いて、一人ニーガン抹殺に向けて基地に潜入し、ニーガン殺しに失敗した時には命はない、ということを覚悟していたにも関わらず捕まってしまい、自分が生きているということがリックたちの足かせになってしまうことに対する苦悩。

まさに袋小路に陥ってしまっている様子が手に取るように分かり、見ているこっちまで胸が締め付けられるような思いになりました。まさか自ら命を絶つことはないと思いますが、一体これからどのような展開になっていくんでしょうか?楽しみです。

相変わらず、安定のユージーン
ユージーン

勇者にはなれなかった臆病者ユージーンも安定の存在感で、今後サシャとどんな感じで関わっていくことになるんでしょうか?

そういえば臆病者といえばヒルトップのグレゴリーもトップの権力を維持するのに何やら怪しい動きを始めそうでしたね。おそらくはサイモンに会うため、そして自分の地位を確保するため悪巧みをしていそう。

同じ臆病者のユージーンは、裏で何かを画策することはしないですが、こっちの臆病者は油断ならないです。

こんな醜態を晒してたらリーダー失格なのは当然です。その分、裏で策略を練らないといけないんだろうな。

ドワイトの裏切り

おそらくは皆さんも最初からドワイトは、こっちの人間になるだろう、ニーガンを裏切ることになるだろう、と予想していたと思いますが、その展開にやっとなりましたね。

前回のエピソードのエンディングに映し出されていた影の男はドワイトだったようです。

そもそも、あんな美人な奥さんを持っている人が悪人であるはずがない(笑)。
そういえば奥さんは一体どこへ消えてしまったんでしょうか?
いつ頃合流することになるんだろう?ちょっとだけ気になる。

けど、いくらドワイトが寝返ったとはいえ今までアレキサンドリアの人達に散々なことをしてきたわけですから、皆が簡単に受け入れることができるのかって、ね。あるいは受け入れるようになるためのプロセスはどんなもんかいなって感じで興味が湧いてきます。

ただ、最近はそういうのは簡単に済ませちゃったり、すっ飛ばしてくれちゃったりしまうから期待しにくいですが…。

まっ、なにはともあれシーズン8への期待感を最終エピソードではふんだんに盛り込まれているでしょうから来週は楽しみでしょうがありませんね。

ウォーキング・デッド シーズン7 16話(最終回) 予告

いよいよ来週は決戦前夜って感じになりそうです。
以前のシーズンで総督との決戦前夜とは、また違ったワクワク・ドキドキ感が自然にこみ上げてきますが、一体どうなることやら。果たして今までの撒いてきた謎を全て回収しつつシーズン8への期待感を大いに盛り立ててくれることが出来ているんでしょうか?

来週が楽しみです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。