U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット

我が家では最初hulu (フールー)に登録していたのですが途中U-NEXT(ユーネクスト)が大幅にリニューアルをしてサービス内容などが良くなったようなのでhulu (フールー)からU-NEXT(ユーネクスト)に乗り換えてみました。

今まで利用させていただいたhulu (フールー)に比べると、さすがに日本発の動画配信サービス(VOD)ですので細かいところまでしっかりとしてhulu (フールー)とは全く違った印象。

ですので、実際にU-NEXT(ユーネクスト)を利用していることで感じた使用感であったり色々と感じたりしたことをメリット・デメリットという形で記事にまとめておこうかと思います。

また、細かいことに関しては以下の記事を参考にされてみてください。

1.U-NEXT(ユーネクスト)のメリット

まずはU-NEXT(ユーネクスト)のメリットを8つほどの項目に分けてご紹介しておきます。

1-1.配信動画数が120,000本以上と圧倒的に多い

U-NEXT(ユーネクスト)のメリットを挙げるとすれば、配信動画数が120,000本以上と圧倒的に多いところが挙げられると思いますが、その内訳を見てみるとアバウトにPPV(ペーパービュー)が100,000本+見放題作品が20,000本程となっています。

見放題作品数だけで比べるとhulu (フールー)と同じぐらいの配信作品数?ではありますが、印象的にはU-NEXT(ユーネクスト)はPPV(ペーパービュー)作品の配信サービスにプラスして見放題もくっつけちゃったよ、というような印象に。

見放題作品には、他の動画配信サービスと被っているものが多いですが、もちろんU-NEXT(ユーネクスト)でしか観れない作品もあり、しかもPPV(ペーパービュー)ではありますが、最新映画を多く取り扱っていたり、放送中のドラマも視聴する事ができ、国内ドラマが好きな方が観たいドラマをうっかり見逃してしまったときなんかには非常に便利です。

1-2.画質が圧倒的に綺麗

U-NEXT(ユーネクスト)はフルHD画質にも対応しているから画質が圧倒的に綺麗と言われています。けれどフルHD画質っていうのはどのくらいきれいなの?という疑問がなきにしもあらずではないでしょうか?

確かにhulu (フールー)のHD画質よりフルHD画質っていうくらいですから名前からして高画質なんだろうな、というくらいには分かるかと思いますが。

これを画素数で表わすことで理解しやすいかもしれないので書いておきますと。

  • SD画質(480p) → 画素数:720×480
  • HD画質(720p) → 画素数:1280×720
  • フルHD画質(1080p) → 画素数:1920×1080
  • 4K・UHD(2160p) → 画素数:4096×2160 ・ 3840×2160
  • SD(Standard definition television):標準解像度テレビ
  • HD(High definition video):高精細度ビデオ(ハイビジョン)
  • UHD(Ultra High definition):超高精細度

ちなみにレンタル店で借りるDVD、ブルーレイ画質は

  • DVDの画素数:720×480
  • ブルーレイの画素数:1920×1080

になっていますので、U-NEXT(ユーネクスト)で配信される動画がブルーレイなみということなので、どれだけ綺麗なのかがイメージできたかと思います。

1-3.ダウンロード機能でオフライン視聴が可能

U-NEXT(ユーネクスト)のダウンロード機能って何?という方もいらっしゃるかもしれませんが簡単に言ってしまえばスマホのデータ通信を使わずに動画を視聴することができるということで、家にいる時、あるいはWi-Fi環境の整っている場所で動画をダウンロードしておいて、電車での通勤・通学の際にダウンロードした動画をオフラインで観れるという感じのものです。

ダウンロード機能のもう1つの利点としては、スマホの回線って遅いのでストリーミング再生で動画を視聴していると途中で止まってしまうことがあるのですが、事前にダウンロードしておくことで途中で映像が止まったり停止することがありません。

ちなみに我が家では動画を家のテレビで視聴するのがほとんどなので、あまりダウンロード再生を利用してスマホやタブレットで動画を視聴するということはありませんが、それでも何度かダウンロード機能を使ったことがあります。

その際は通信量を気にする必要がなかったので安心しながら動画を視聴することができましたが、実際にダウンロード機能を使いオフライン視聴してみると案外、手間だったので使用感などを書いておきます。

1-3-1.ダウンロードはアプリのみでPCは不可

動画配信サービス(VOD)での動画のダウンロードは、基本的にスマホ・タブレットアプリのみの対応になってますので外出時であってもノートパソコンなどで視聴してもストリーミング配信となりますので注意が必要です。(そもそもPCではダウンロードできませんが)

ただし、再生期限が2日間。全ての動画がダウンロード対象ではない。

また、動画の保存にはスマホの容量が必要となりますのでスマホに保存できる容量も考えておかなくてはなりません。

日本で一番多く売れているiPhoneの容量も16GB・32GB・64GB・128GBですから、そんなに多くの動画を保存しておくことはできませんし容量が大きいと端末も高くなります。

動画のダウンロード方法はこちらを参考にされてみてください。

1-4.U-NEXTの雑誌読み放題サービスは魅力的

U-NEXT(ユーネクスト)は、集英社、講談社、小学館とも提携しており電子書籍サービスである「BookPlace(ブックプレイス)」を展開しているので、余ったポイントで電子書籍やコミックを購入する事も可能になっています。

我が家が一時期hulu (フールー)からU-NEXT(ユーネクスト)に切り替えた理由は、新作映画で観たい作品がたくさんあったからなんですが、それだけではなく、この雑誌見放題サービスも利用できるということが大きく背中を押してくれた感じだったんです。

「もうマジか?本気なのか? U-NEXT(ユーネクスト)さんよぉ。」って感じになってしまいました。ちょっと、ただの動画配信サービス(VOD)とは一線を画してる感じ。

加入していた時期、我が家では新作映画を観るためにポイントを使い切っていたのですが、余ったポイントを使ってコミックや電子書籍を購入することができるのでポイントが余るなんていうことがありえません。

また読み放題の雑誌は、ダウンロードすることもできるので、動画同様オフラインでの閲覧も可能になっていますので便利。

1-5.絵本の読み放題サービスPIBO(ピーボ)も読み放題

月額324円でプロ、人気作家による絵本が読み放題であるサービスである「PIBO(ピーボ)」追加料金なしで利用できるように。我が家では子供がおりませんので利用したことはないのですが、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭であれば非常にうれしいサービスだと思います。

対象年齢から絵本を選ぶことも出来て、絵本を読み聞かせしてくれるっていうのは特にお母さんにとっては最高じゃないでしょうか?

1-6.NHKオンデマンドの動画も観れる

2016年5月より、U-NEXT(ユーネクスト)でNHKオンデマンドの作品が提供開始になったことでNHKオンデマンドの見放題パックが観れるようになりました。

NHK見逃し見放題パック
NHKの4つのチャンネル(総合、Eテレ、BS1、BSプレミアム)で放送している番組を、月々500~600本配信するサービス。
NHK特撰見放題パック
過去に放送され保存されているNHKアーカイブスから厳選した名作ドラマやドキュメンタリー番組などを配信するサービス。

ちなみにいずれの見放題パックであっても月額972円(税込み)ですので、U-NEXT(ユーネクスト)で毎月付与される1.000ポイントを使えば利用可能になりますので、もし本家のNHKオンデマンドを契約しているようでしたらU-NEXT(ユーネクスト)に乗り換えた方が断然オトク!!

1-7.アダルト作品も配信

U-NEXT(ユーネクスト)にはアダルトコンテンツも配信されていることはメリットと捉えていいのかデメリットと捉えていいのか分かりませんが、他の動画配信サービス(VOD)とのはっきりとした違いなのでメリットにしておきました。

U-NEXT(ユーネクスト)のアダルトの見放題作品は、意外にも1000本以上と豊富に揃っており見放題作品も日々更新されているような感じです。お好みの方はどうぞ。

1-8.アカウント追加で同時視聴が可能

動画配信サービス(VOD)に登録しても我が家のように夫婦二人だけで楽しむのならいいですが、お子さんがいて家族で利用しようとしたらやはりそれぞれの部屋で動画を視聴したいはずですので家族間で同時視聴できるようになっている方がいいですよね。

U-NEXT(ユーネクスト)には、ファミリーアカウントサービスがあるので、追加料金なしで、最大4人まで同時視聴することが可能。

ちなみに、それぞれのファミリーアカウント毎に、ペアレンタルロックできるので、未成年のお子さんがいるご家庭でも安心です。

ペアレンタルロックとは、テレビ放送やDVDなどで、保護者が子どもの視聴できる番組やコンテンツを制限する機能やサービス。

2.U-NEXT(ユーネクスト)のデメリット

お次にU-NEXT(ユーネクスト)のデメリットを3つほどの項目に分けてご紹介。

2-1.月額料金が1990円(税抜き)

月額料金が月額1990円(税抜き)と高いところがU-NEXT(ユーネクスト)最大のデメリットであるといっても過言ではないかと思われます。hulu (フールー)とくらべても倍以上の月額料金ですしね。

ただ完全見放題のhulu (フールー)と新作も観れて(PPV)雑誌やマンガ、さらに絵本など多彩なサービスが複合的に組み合わさっているU-NEXT(ユーネクスト)と同じ土俵にあげてしまうことのほうがおかしいのかもしれません。完全にU-NEXT(ユーネクスト)のサービスを活用できる人はこの月額料金でも割安感はあるでしょうしね。

2-2.海外ドラマの配信数は少なめ

U-NEXT(ユーネクスト)は韓国・アジア系のドラマ・国内ドラマは豊富に揃っていますが、肝心の?海外ドラマには弱い印象。しかも個人的に面白そうと感じた海外ドラマは1話だけが無料で第2話以降はPPVとなっているのは残念です。

元々海外ドラマがそんなに好きではなく新作映画を観たいという方にとっての動画配信サービス(VOD)だと思いますので、U-NEXT(ユーネクスト)を検討する方は、さほどデメリットを感じることもないかと思いますけどね。

2-3.PPV(ペーパービュー)のポイント

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル期間に登録すると1ヶ月600ポイントがもらえて、その後は1000ポイントづつ毎月もらえる仕組みがありますが、これをメリットと捉える人もいるかもしれません。

ただ我が家にとってはデメリットであったのは事実で、hulu (フールー)に登録していた頃は、全て見放題作品だったのでちょっと面白うそうだなぁ~と思って観てみたんだけど面白くなかったから途中で観ることをやめたっていうことが出来たのに、PPV(ペーパービュー)作品ばかりのU-NEXT(ユーネクスト)ではそういうことが出来ずに非常にストレスに感じてしまいました。

実際に、コレみてみようかな?と思いポイントを利用してPPV(ペーパービュー)作品を観てみたら面白くなかったなんてことが何回か。どうせなら「見放題プラン」と「見放題+PPVプラン」の2つプランを用意してくれたらイイのにと感じてしまいました。

※ あくまでも個人的にデメリットを感じただけなので人によってはメリットになるかと思います。

2-3-1.U-NEXT(ユーネクスト)ポイント利用の注意点

U-NEXT(ユーネクスト)のポイントを利用するにあたってまずは動画を視聴するにあたっての必要なポイントをまとめておきますと。

  • 海外ドラマ1話分:200円〜400円
  • 国内ドラマ1話:300円
  • スペシャルドラマ:400円
  • 旧作映画:300円
  • 新作映画(SD画質):400円
  • 新作映画(HD画質):500円

と、こんな感じになっていますが、実はポイントの利用には税率が適用されるんですよね。

具体的に書きますと、海外ドラマを1話分視聴するのに200ポイントとありますが、実際には税率がが適用されますので、200ポイントの作品を視聴するのには216ポイント必要となります。新作の映画(HD画質)の場合でしたら500ポイントではなく540ポイントが必要といった感じです。

3.最後に。半年ほど入会して感じた使用感

U-NEXT(ユーネクスト)は、良くも悪くも様々な付加サービスがついているのでメリット・デメリットで比較するとメリットが多く良さげに見える部分もあるかと思いますが、半年ほど入会して感じた使用感などを最後に少しだけ書いておきたいと思います。

最初にU-NEXT(ユーネクスト)へ入会した頃は、hulu (フールー)でなかなか実現できなかった新作映画の視聴+雑誌見放題サービスに魅力を感じたんですが、それも最初の頃だけで次第にポイントも余るようになってしまっていたんです。

結果、ポイントが余るともったいないので、さほど観たいと思っていなかった作品も観るようになったり、電子書籍を購入してみたりとするようになってしまってました。なんだか途中で必要でもないのに無理やりお金を使わせれてるような気分になってしまったもので退会してしまいました。

それでも、たまに新作映画を観たい時があるので、それは他の動画配信サービスで補完するような形で現在に至っております。もっとも沢山映画を観るような人にはU-NEXT(ユーネクスト)は非常に魅力的なサービスを展開していると思いますので、映画を沢山観たい!という方は迷わずU-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルをおすすめいたします。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。