Netflix(ネットフリックス)のメリット・デメリット

Netflix(ネットフリックス)と言えば、オリジナルコンテンツに力を入れていることで有名ですが、それもそのはず創業時はCDやDVDのレンタルのみを取り扱っており、その後動画配信サービスの世界に入ってきた会社。

その経験からなのか?既存の動画の版権を買って動画をストリーミング配信していくやり方だけですと限界がある、あるいは競合他社との差別化を図ることが出来ないと感じたのかもしれません。

そんなNetflix(ネットフリックス)の経営方針であるがゆえに、やみくもに動画の配信数だけを売りにしていくやり方はとらずじっくりと時間をかけてでもオリジナルのドラマや映画といったものを手がけているわけですから、結果的に他の動画配信サービスと単純に比べると配信されている動画本数というのは少ないです。

ただ、個人的には日本のテレビで見れるドラマやバラエティ番組が局の違いすらよく分からない状態になっていたり、単純に面白さを感じないがゆえにテレビをほとんど見なくなったものですから、国内ドラマが豊富にあり動画本数が○万本とか言われても魅力を感じないんですよね。

その点Netflix(ネットフリックス)で配信されている動画には魅力的なものがたくさんあるのは大きなメリットです。

またNetflix(ネットフリックス)の解約方法などは以下を参考にされてみてください。

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、Netflix(ネットフリックス)のメリット・デメリットを項目を分けて紹介してみたいと思います。

1.Netflix(ネットフリックス)のメリット

まずはNetflix(ネットフリックス)のメリットから項目ごとに紹介していきます。

1-1.オリジナルコンテンツのクリティが高い

Netflix(ネットフリックス)でのメリットとして挙げられるもので最上位となるのが、やはりコレ。オリジナルコンテンツとなると予算の関係上それ相応のものとして想像されがちですが、エミー賞を受賞した「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を代表として、又吉直樹さんが芥川賞を受賞して話題となった「火花」など、そのクオリティには驚かされます。

「我々がオリジナルコンテンツに求める条件は、クオリティと多様性です。その上で誰もが楽しめる平均的なものではなく、例えば10人中2~3人が情熱的に応援してくれるコアな作品を望んでいます。そうした作品がバラエティ豊かに揃っていれば、結果的には多くの視聴者を満足させることができる。優れたクリエイターに、自由に才能を発揮してもらうことも非常に重要だと思います。それがNetflixの理念なんです」(ヘイスティングス氏)。

Netflix 独自コンテンツの戦略

1-2.レコメンデーション機能が優秀すぎて恋をした

一番最初にNetflix(ネットフリックス)へ入会手続きをする時点からすでに自分の行動の分析が始まっているわけですが、さらに入会後のビデオ再生パターン(一時停止・途中中断・巻き戻し等)や評価スコア・検索履歴・視聴時間・視聴日時・視聴している地理的位置・視聴デバイス・Netflix上のページの閲覧やスクロールなど行動の全てが分析されているようです。

何だか、ここまで行動分析されてしまうと気味悪いところもあるんですが、この分析のおかげで自分におすすめしてくれる動画の好みが、あまりにもドンピシャすぎて驚愕してしまいます。

実際におすすめしてくれる動画を見てみると本当に面白いものばかりですし、わざわざ検索する必要もないので非常に助かっています。amazonの「この商品を買った人はこんなものも買ってます。」みたいな感じのノリで思わずそれも買ってしまうみたいなw。

今日は時間があるからなんとなく映画でも見ようかな?海外ドラマ初心者だけどおすすめのドラマある?なんて方はNetflix(ネットフリックス)のレコメンド機能を活用して隠れた名作や自分好みの作品にたくさん出会われてみて下さい。

レコメン以外も便利。キャスト別カテゴリが意外と使える

Netflix(ネットフリックス)のレコメン機能が優秀なのは説明したとおりなんですが、他にも意外と便利だなぁと思ったのが、俳優さん別のカテゴリー機能なんですよね。

例えば下の画像「小悪魔はなぜモテる!?」の作品紹介の画像なんですが、この映画にでている俳優「エマ・ストーン」の他の作品も見てみたい!!なんて思った時、出演者「エマ・ストーン」のリンク先をクリックするだけで、Netflix(ネットフリックス)上にある彼女の作品一覧が”ズラッ”とでてきます。


検索窓で検索すればいいことなのかも!?知れませんが、俳優さんの名前が分からない時などは非常にありがたい機能のひとつとして調法しています。

他の動画サービスから、Netflix(ネットフリックス)の会員になるとよく分かるのですが、メニューページも単純明快でこういったちょっとした機能が本当に使いやすかったりします。

考えてみたら、あれだけ膨大な作品数があっても、Netflix(ネットフリックス)では一覧から一つずつ探した記憶がありません。この辺りは他の動画サービスにももう少し頑張って頂きたいのですが…。

1-3.プロフィールを複数作ることが出来る

一見すると複数のプロフィールを作ることが出来るっていうのは大したメリットに感じられないかもしれませんが、先ほどの項でレコメンデーション機能について説明したように、かなり細かいところまで行動分析をしてくれています。

ですので、例えば我が家では奥さんと二人利用しているので、それぞれのプロフィールを設定したことによって、おすすめしてくれる動画に違いが現れるっていうことなんですよね。基本的に我が家ではテレビで同じ動画を観ていることも多いのですがNetflix(ネットフリックス)に関してだけは、それぞれのパソコン(サブパソコン)で動画を視聴することも多くなりました。

他の動画配信サービスを利用したことがある方なら分かるかと思いますが動画を検索するのって案外メンドーだったりするんですよね。字幕と日本語吹き替えが別の動画に設定されていたりPPV(ペーパービュー)の動画がけっこう邪魔をしてくれたりと・・・経験ありませんか?

暗証番号による年齢視聴制限(ペアレンタルコントロール)

ちなみに我が家には、まだ子供がいないので利用していませんが、大人向けの動画を観ることができないようにするための年齢制限(ペアレンタルコントロール)を設定することができます。

設定方法は、「アカウント情報」「ペアレンタルコントロール」「パスワード入力」「保存」になりますので、小さいお子さんも一緒にNetflix(ネットフリックス)をご利用するなら設定をしておいたほうがいいでしょう。

もしお子さんが設定年齡以上の動画を視聴しようとした場合には、次の画像のような感じでパスワードを求められます。

1-4.ダウンロード機能でオフライン視聴が可能

Netflix(ネットフリックス)の最大のライバルと言われているhulu (フールー)にはダウンロード機能が現時点ではありませんが、Netflix(ネットフリックス)には動画をダウンロードしてオフラインで動画を視聴することができるような仕組みがあります。

全ての作品がダウンロード可能というわけではありませんが、ダウンロードできる作品のダウンロード方法は以下の通り。

  1. ダウンロードしたい作品を選択します。
  2. 詳細ページでダウンロードアイコン をタップします。
  3. TV番組の場合、視聴可能な各エピソードの横にアイコンが表示されます。
  4. ダウンロードが完了すると、アプリの[マイダウンロード]からアクセスすることができます。

ちなみにダウンロードとストリーミングは同じぐらいのデータ量を消費しますので、参考程度にストリーミングのデータ量を載せておきます。

  • 低 (0.3 GB/時)
  • 中 (SD: 0.7 GB/時)
  • 高 (最高画質、HDは最大3 GB/時、UHDは最大7 GB/時)
  • 自動 (インターネット接続速度に合わせて利用可能な最高画質)

1-5.料金プランが選べる

Netflix(ネットフリックス)の料金プランは3つに分かれていて次のような3種類になっています。

ベーシックプラン:650円
・SD画質(480p)・同時視聴数:1
スタンダードプラン:950円
・HD画質(720p)・同時視聴数:2
プレミアムプラン:1,450円
・uSD画質(2160p)・同時視聴数:4

3つの料金プランに分かれていることがメリットになるのか?というところもありますが、U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリットでも書いたとおりU-NEXT(ユーネクスト)のような一部PPV制のところは、「見放題プラン」と「見放題+PPVプラン」を用意してくれればいいのに。と思ったことが発端です。

2.Netflix(ネットフリックス)のデメリット

2-1.日本のコンテンツは少ない

Netflix(ネットフリックス)のデメリットといえば、やはり国内のコンテンツが少ないっていうのが挙げられるのかな、と。

個人的にはテレビで面白い番組がなくテレビを観ることがほとんどなくなったからこそ動画配信サービス(VOD)にハマっていったので、国内のコンテンツが少なくてもデメリットとは思わないですけどね。

ただ友人の一人に、日本のドラマなどを毎週一話ずつ観るのがイヤで放送終了後にまとめて観るために動画配信サービスを利用しているという人がいるのですが、その友人曰く「私にとってはU-NEXT(ユーネクスト)が一番イイ!!」とのことでした。

子育て真っ最中っていうこともありテレビの放映時間に合わせてドラマを観るということができないっていうも大きな理由の1つみたいですが、人によって、どこをメリットと感じ、どこをデメリットだと感じるかっていうのは本当に人それぞれだなぁ~と改めて思いました。

3.最後に

メリットの部分にはテレビの性能にもよるので敢えて書きませんでしたけど手持ちのテレビが4Kであれば4K画質で動画を視聴することができますし、大好きな海外ドラマが豊富に揃っていることを考えると個人的にはNetflix(ネットフリックス)のデメリットが見当たらずhulu (フールー)とともに1位、2位を迷うほどのおすすめ度です。

我が家のように、あまり日本国内のコンテンツにはこだわらない人、というよりも海外のコンテンツを観たい方にとっては、おすすめです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。