ベター・コール・ソウル シーズン3 第2話 あらすじと感想レビュー

ベター・コール・ソウル シーズン3のエピソード1を見終わった後は、「あ~あ次のエピソードまで1週間待たないといけないか…」などと思っていたんですが今週は1週間が過ぎ去るのが早くてあっという間に第2話が配信される日となりました。(観たのは昨日の火曜日)

基本的にはイッキ見で海外ドラマを観たいタイプなので、
なんかまどろっこしいですけど、とりあえず第2話のあらすじと感想レビューなんぞ書いてみたいと思います。

ちなみにシーズン1とシーズン2の感想などは、以下のリンク先にて

ベター・コール・ソウル シーズン3 あらすじ

あらすじといっても、前回から観ている人は、どういう展開かは予想つくと思いますが、一応簡単に書いておきますと。

マイクのパートでは、発信機を仕掛けた標的を突き止めることができたマイクは、ジミーを使って探りを入れていくのですが、その先には皆さんお待ちかねのあの男が登場です!

ジミーのパートでは、キムとジミーの法律事務所に新たなスタッフを迎え入れることになるのですが、ある事実を知ったがゆえに厄介なことになっていく…みたいなストーリー。

ベター・コール・ソウル シーズン3 感想レビュー

けっこう楽しみにしていた冒頭に流れるジミーのその後の映像が今回のエピソードでは観られなかったので、ちょいと残念ではありましたが、今回の第2話も非常に面白かったです。

マイクのパート

前回、自分のことを見張っていたのかを探し出すために発信機を使い、色々とやっていたマイクですが、やっとの思いで標的をロックオン! そしてお得意の尾行大作戦を決行しつつ、詳細にメモを取っていくわけですが、尾行していた先で怪しいお店が出現!!

そう!! 皆さんお待ちかねのガスの登場!!でございます。
ご存知『ロス・ポジョス・エルマノス

ちなみに、このガス・フリングが経営する『ロス・ポジョス・エルマノス』が、ニューヨークに実際にオープンするってことで、海外ドラマファンのかたや『ブレイキング・バッド』や『ベター・コール・ソウル』をこよなく愛する人たち間でちょっとした話題になっているようです。

参考:http://dramanavi.net/news/2017/04/post-5977.php

まっ、それはそれとしてマイクの尾行の先に待っていたのは非常にお金の匂いのする感じではあるのに、ジミーに探りを入れさせても情報は皆無。けれどもジミーをロス・ポジョスに行かせたことで、用心深いガスが何も気づかないわけがありません。

逆にガス(恐らく)に一杯食わされるような展開になってエンディングを迎えるんですが、「う~ん、ここらへんからマイクとガスが繋がっていくことになるのか~」って感慨深く観ておりました。ただ、砂漠の真ん中だったので、ここからどうやってガスの用心棒的な仕事に就くことになるのかが今後の見どころ。

ジミーのパート

一方、ジミーのパートでは相変わらずチャックが自分の無実?潔白?を証明するために弟であるにも関わらず異常にジミーに対して執着しているように感じてしまう。色々な仕掛けをし、全てが計画通りに事が進んでいくような状況になり、ジミーが苦境に陥ってしまうことに。

悪さをする弟だからお灸をすえるぐらいのことはいいと思うのですが、さすがにチャック、やりすぎじゃね? もう法律の世界では絶対に生きていけなくなるような仕打ちをしているような。やっぱチャックは異常すぎて、あんまし好きになれないな。

ジミーは兄チャックに対して色々な思いがあっても、なんだかんだで生活の面倒を見たり、あれやこれやと世話焼いてあげてるのにね。

ジミーがチャックに仕掛けられたワナ?によって今後、どのように考え方が変わってジミーからソウル・グットマンになっていくのか興味深いところです。

ベター・コール・ソウル シーズン3は、Netflixで観れます













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。